事業内容

活動目的

  

消費者力支援研究所の「活動目的・方針」は以下の通りです。

ブログ 購入した商品やサービスについて、生活現場でさまざまな問題点や矛盾に気づき、
それを解決しようとする力を「消費者力」と捉え、その消費者力を消費者や企業、
さらには社会的にも意義のある形に具現化する、改善へとつなげる
「消費者市民社会」の成熟を私たちは目指しています。

ブログ 消費者力支援研究所は、「消費者力」の活用により、企業の消費者対応の質を外部の目で検証し、
下記の3視点(Structure・Outcome・Process)から、
各企業に即した組織や活動のあり方を点検し提案します。
「消費者部門のブランディング」を通して、
消費者からの信頼獲得に向けたさまざまな形の支援をし、企業価値を高めるよう貢献いたします。

ブログ 消費者力支援研究所は、商品企画や事業企画の検討時、宣伝や表示など、
情報提供内容に関するチェック、商品テストやモニター調査へのアドバイス、消費者アンケート調査への参画など、
さまざまな活動に対応し、消費者からの信頼獲得につなげる支援をいたします。
改善策を提案し、御社の消費者力向上に貢献します。

   

サービス
<画像を拡大してみる>

サービス

  

組織の提案・効率的運用への提案・人材の配置・教育・サービス内容提案・ブランディング広報などを行います。

 

サービス

  

消費者対応の調査分析をはじめ、評価・相談対応システムの開発・消費者の声の分析・
提供情報の精査・改善提案・効率化提案などを行います。

 

サービス

  

人材教育・講師派遣・教育用冊子作成などを行います。

 

サービス

  

当研究所独自に、企業の消費者問題に関する調査、分析、提案、広報活動等を進め、
より良い消費者市民社会に向けての貢献活動を展開しています。

 

   

Structure

モノや人の配置などの物的、あるいは人的資源の構造的側面

 

Outcome

社内的価値のみならず、消費者にもたらした価値、社会的価値など

 

Process

消費者対応における方針、サービス内容、消費者部門に属する社員の応対や行動に関する教育など

 

  • 出版・編集
  • リンク
  • プライバシーポリシー

貴社の「消費者力アップ」に貢献する
さまざまな支援活動を展開しています。

消費者力支援研究所

〒136-0072
東京都江東区大島1-2-1-2304
TEL 03-3637-3411
FAX 03-3637-3411